ここっちライフ

運氣UP!風水でパワースポットは誰でも創れる

二十四節気「春分」

約4分

二十四節気「春分」

ここっちライフ

↑紫木蓮

風水と片付けで誰でもできる
パワースポット創りと運氣アップ!
開運&50代からの快適介護lifeアドバイザー春風ほの香です。

 二十四節気「春分」

春分は皆さんご存じの通り昼と夜の長さがほぼ等しくなり、この日を境に昼が徐々に長くなり、夜が短くなっていきます。
また、お彼岸は春と秋にあり、春分の日・秋分の日を中日前後3日間の計7日間になります。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、ようやく穏やかで過ごしやすい季節になります。

 旬の食材

土筆(つくし)
田畑や川の土手に多く群生します。
土筆の花言葉は「向上心」真っ直ぐ上に伸びている姿からも前向きさが伝わってきます。
土筆はどうやって食べるのかなと思われたら、ネットで調べることができますが、私は土筆のはかまをとってごま油で炒めて甘辛炒めを作ります。
帆立貝
貝殻が開いた時に、一方の殻が船でもう一方が帆に見える事が名前の由来となったといわれます。
またこの時期、身が厚くなりタンパク質が増え、旨みが濃くなりとても美味しくいただけます。
ぼたもち・おはぎ・桜餅
彼岸のお供えするものといえば「ぼたもち」と「おはぎ」ですが、漢字で書くと「牡丹餅」「御萩」と書き春は牡丹、秋は萩と、季節の花にちなんだ名前で呼ばれています。
また、餡の材料となる小豆は秋に収穫されるので、秋のおはぎには小豆を皮ごと用いた粒餡、春のぼたもちには固くなった小豆の皮を取ったこし餡が使われます。
私は、昔「サザエさん」でこのことを知りました。

桜餅は餡の入ったお餅を塩漬けされた桜の葉で包んだもので、生地を小麦粉で作る関東風ともち米を使った関西風があるのは、元々江戸で考案された桜餅が、関西へ伝わった際にアレンジされたからと言われています。

 季節の花

チューリップ
チューリップは赤、白、黄色、オレンジなどのほかに、最近は様々な色や形の品種があります。
日本に入ってきたのは江戸末期と言われています。現在、新潟県・富山県の県花とされています。
木蓮(もくれん)
美しい味わいがある木蓮には、白い花を咲かせるものは白木蓮、紫の花を咲かせるものは紫木蓮(しもくれん)をよく見かけると思います。

 最後に

お彼岸にお墓参りに行かれると思いますので、少しお墓参りの仕方を書いてみます。
ただし、お寺の宗派などで違ったりすると思いますので、詳しいことは書く宗派に問い合わせていただくことをお勧めします。
【お墓を清める】
お墓についたら、墓地内の雑草や落ち葉を取り除き、墓石を濡らしたタオルで拭きホコリを落とします。
コケなどはたわしで洗って落とし、花立てや香炉もきれいに掃除し、水鉢も洗います。

【お参りの仕方】
・花立てに花を飾り、お供え物は二つ折りの半紙(お茶で使う懐紙など)の上にのせます。
・お線香に火をつけるとき、炎は口で吹き消さずに手であおいで消します。
・数珠を持って、手を合わせて拝みます。
・日頃の感謝の気持ちを伝えます。

線香は燃やしきるようにし、花以外の供物は持ち帰ります。
お墓で借りた道具は元へ戻し、ごみの集積所がない場合はごみは持ち帰ります。
お参りの後始末もしっかりして帰りましょう。

また自宅に仏壇がある場合、仏壇もきれいに掃除をし、花やお水をあげます。
ぼたもち(秋はおはぎ)や季節の果物などをお供えして、お線香を上げて先祖の供養をしましょう。

スポンサーリンク


Leave A Reply

*
*
* (公開されません)